仕事とは生きること・・・

時代とともに仕事のあり方というのが変わってきます。

それは人々の生き方が変わってきたということです。

昔は、武士の家庭に生まれたら生まれた時点で武士の道を歩むように、生まれた時点で仕事が決まっていてなかなか仕事を変えられない時代もありましたが、今は好きな仕事を誰でも選べる自由な時代になったということです。

贅沢を言えば、あまりに仕事を選ぶ選択肢が多すぎて悩んでいる人もいます。

そういった人は、親が医者だということで迷いなく医者になる道を選ぶ人たちを羨ましくも思ったりもするのです。

だけど、どこでどんな仕事をしてもいいというのは悩みもありますが、とてもありがたいことです。

そして人生80年と考えると、人生の大半を働いて過ごすことになるので仕事と言うのは人生を大きく左右してきます。

なので、なるべくやりがいのある仕事やいい仕事に就こうと思うのは自然なことです。

だから、大学生など必死に就職活動をします。

ただ私が感じるのは、なぜみんな同じようにリクルートスーツを着て頭を黒く染めたりして個性をなくして就職活動をしなくちゃいけないのか不思議に思います。

これから、もっと自由に多様な社会になるためにも、もっと自由な就職活動の在り方になっていったらいいのになと感じます。

自分に合った仕事とは・・・

私は小さい頃からとにかく動物が大好きだったので、将来はペットショップで働きたいと思っていました。

高校を卒業してから、動物看護、トリミング、ドッグトレーナーの3つを学べる3年制の専門学校に進学して、その中でも動物看護士になりたいと思う気持ちが強くなったので、卒業後は動物病院に就職して動物看護士という仕事につくことが出来ました。

仕事先を選ぶ際に私が気をつけていることは、職場を見学するということです。

働くのには人間関係や休みや就業時間など環境がとても大切になるので、少しでも情報が欲しいので必ず見学に行きます。

人間関係が良くないところは、やっぱり空気が重たくと雰囲気でなんとなくわかるし、そうなると長く続けることができないと思うので、私は1番重要視するポイントです。

私が就職したところは、雰囲気も良くて、お客さんからの評判もとても良いところだったので安心して仕事を始められました。

休みなどは見学だけではわかりにくいけど、院長やスタッフに話を聞くことで得られる情報でもあるので質問もたくさんします。

休みが少なかったり残業が多いなど、ブラックな環境は体力的にも精神的にもダメージがあるので、きちんと自分なりに納得が行くまで見学や質問をすることが大切だと思います。


薬剤師が転職のために求人を探すのであれば・・・

薬剤師転職サイトの求人やサービスに関する情報をデータベース化。条件検索やランキングで簡単比較。キャンペーン・特典情報も多数掲載。