職人の仕事

私が憧れている仕事があります。

それは、パン職人です。

昔からお米よりもパンが大好きで、自分でご飯作る時はほとんどパンを主食にし、おかずとパンを一緒に食べることもあります。もちろん、パン屋さんに行くのも大好きで、お店に入った瞬間のパンの香りに毎回癒されています。

パンの種類は限りなくあるので、自分でアイディアを出して色々なパンを作ってみたいなと思うことがあります。

実際は、パンを作れるようになるには長い間修業をしてからやっと一人前になれるほど難しいとされているので、つねに憧れている仕事です。

パン屋さんは朝が早いし、パンを長時間捏ねたりとかなり体力もいるので、女性よりも男性に多い仕事だと思います。

お休みもなく、サービス業で安定しない仕事でなので、実際はすごく大変だと思うけど、それでも美味しいパンが作れる人は尊敬します。

パンの職人になるには根性が必要なので私にはとてもできないので、いつかはパン屋さんでアルバイトをしてパンづくりに携わりたいと思います。

家でもパンは作れますが、種類が限られるし、少しずつしか作れないので食べたことがないようなパンを作って食べてみたいです。

会社への貢献

最近は涼しくなり始めて睡眠も充実しておりますが、仕事へのやる気はあまり無く早く仕事が終わらないか時間ばかりを気にしている私がいます。
が、アルバイトの作業については休日の前日になると複数のアンケートに応募しています。報酬もほぼ100パーセント支払われるのですが、金額が小額であることを除けば今の所は障がい者就労継続支援A型事業所なので会社に貢献出来てはおります。
しかし、充実して作業に取り組んでいるようには思えないので、ホームページ作成やプログラムの勉強をしていって、アルバイトのお仕事をできればとは思います。
自宅のパソコンのインターネット環境を整えることをしないと私自身の収入にはならずに事業所の収益は上げてはいけるので今の所はこのままの状況です。そういった環境は自宅に無いのでやる気が出ないのかもしれない部分も否めませんが、今年中にはパソコンを購入して作業に取り組んで行こうと思います。
金額の良いものは、やはり技術力がないとなかなか出来ませんしやる気につながらないので毎日がまったりした感じになりいつの間にかやる気がなくなっているように最近は思います。